インフルエンザの治療で用いられるタミフルは病院で処方してもらうことが最も安全な購入方法ではありますが、最近ではインターネットを利用した通販サイトで購入する方が増えてきています。

ネット通販サイトを利用する男性の写真

クリニックへの空気清浄機の設置の広まりとタミフル

インフルエンザにかかってしまったと感じた際には速やかに最寄りのクリニックに行って診断を受けることが大切になります。インフルエンザの治療薬として世の中によく知られるようになったタミフルはインフルエンザの症状が出てから48時間以内に飲み始めなければ十分な効果を発揮することができないからであり、高熱を代表とするインフルエンザの症状が出てきたときには躊躇せずにクリニックに行くと治療を早めることができるでしょう。しかし、インフルエンザシーズンともなるとその患者がクリニックに溢れていることもしばしばあり、それが原因で感染してしまうのではないかと懸念する人も多いでしょう。クリニックの待合室には空気清浄機が設置されていることが多くなっており、その空気感染のリスクは大幅に低下しているものの、飛沫感染や接触感染を起こしてしまうリスクは常にあると考えなければなりません。空気清浄機も広さに比べて過剰な数だけ設置することにより、より患者も医療従事者も安心していられるようにしているケースも多々あります。しかし、空気清浄機だけで万全とは言えないのが事実であり、患者の付き添いをしてクリニックを訪れた場合などはタミフルを予防投与用に処方してもらうことが重要になるでしょう。患者の家族であればタミフルの予防投与も保険適用で行うことができるため、それによってクリニックで感染してしまうというリスクを避けることができるようになります。もし家族がインフルエンザにかかってしまったとわかった場合には、その付き添いをした際に自分にもタミフルを処方してもらえるように医師に相談するのが得策です。そうすることでインフルエンザにかかるリスクを大幅に下げられるでしょう。