インフルエンザの治療で用いられるタミフルは病院で処方してもらうことが最も安全な購入方法ではありますが、最近ではインターネットを利用した通販サイトで購入する方が増えてきています。

ネット通販サイトを利用する男性の写真

タミフルに次ぎ富士フイルムから出る薬と解熱剤

インフルエンザウイルス感染症はRNAウイルスの一種であるA型、もしくはB型インフルエンザウイルスによって引き起こされる流行性感染症のことを指します。毎年冬の時期に感染症が流行しますが、これはインフルエンザウイルスが高温多湿に弱い性質を持っているためです。インフルエンザウイルスが感染すると1日から2日間の潜伏期間を経て、発症します。この時主な症状としては高熱、寒気、節々の痛みなどが現れます。このような症状が流行期に現れたら早めに病院を受診してください。それはインフルエンザウイルス感染症に主に使用されるNA(ノイラミニダーゼ)阻害薬という薬は発症してから48時間以内に使用しなければ効果が出にくいからです。
NA阻害薬の代表例がタミフルです。タミフルは内服薬で使い勝手がいいことから広く臨床現場で使用されていましたが、タミフル使用中の異常行動による死亡事故やタミフル耐性ウイルスの出現などの問題から、最近は使用が控えられ、リレンザ、イナビルといった吸入タイプの薬が使用されることが多いです。
しかし吸入タイプの薬は特に小児や高齢者には使いづらい薬であったため新たな内服薬の開発が期待されていました。そこに登場したのが富士フイルムが開発したアビガンです。近年エボラ出血熱のアフリカでの流行時に富士フイルムはこのアビガンを輸出し、エボラ出血熱の治療に有効性を示し注目を集めました。富士フイルムの株価が急激に上昇するほど注目を集めました。しかし日本では新型インフルエンザ流行に備え、基本はアビガンを使用しない方針を示しています。よって今は臨床現場でアビガンに出くわすことはないです。
インフルエンザウイルス感染症の時の解熱剤の服用に関してですが、解熱剤の種類によってはライ症候群という重大な副作用を引き起こすことがあります。解熱剤としてはカロナールが安全なためよく使用されています。