立体駐車場, 自動車関連,

立体駐車場での注意点

立体駐車場は主に機械式と自走式とに分けられますが、利用する立場でそれぞれに注意すべき点があります。平面式の駐車場ではあっても自動車が動き、人が乗り降りする以上、様々な事故の可能性はありますし実際に事故も発生していますが、立体駐車場ではさらに気を付けなければならない点が増えると言えるのです。例えば自走式の立体駐車場の場合、運転操作を誤ったりすることで、壁を突き破って高層階から車ごと転落するという事故があります。2階程度であればまだしも、それ以上のフロアからの転落となると命を落とすようなことにもなりかねません。

慣れない場所で、しかも通路が狭かったり照明も暗かったりすることが多いですから、特に注意しておきましょう。機械式の場合は車の運転操作を誤ることによる事故の可能性は減りますが、一方で機械式特有の事故の可能性はむしろ大きくなると言えるかもしれません。車をパレットに載せて動かすことになるので、一つ間違えると接触事故や挟まれ事故が簡単に起きてしまうからです。車そのものを適切にパレットに載せていなかったとか、そもそも規定のサイズを超えた車を無理に駐車させようとしたりして事故につながることもあります。

自分自身ではなく管理係員が操作することになっている場合はその指示に従うようにすることや、自宅マンションなど自分自身で操作する立体駐車場の場合は規定にしっかりと従い、また十分に安全確認を行う必要があります。立体駐車場のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です