立体駐車場, 自動車関連,

最も駐車効率の良い立体駐車場とは

狭い土地の上で少しでも多くのクルマが駐車できるようにするためには、立体式の駐車場にする必要がありますが、その立体駐車場の中でも最も効率よくクルマを駐車させることができるのが、連続傾床タイプと呼ばれるものです。一般的な立体駐車場はスロープを使って上の階に上がっていきますが、この連続傾床タイプは床全体が緩やかならせん状になっており、スロープの部分にもクルマをクルマを駐車させることができるのです。そのため一般的なフラットタイプの立体駐車場に比べて効率よくクルマを駐車させることができます。また連続傾床タイプの立体駐車場は、利用者にとっても動線がシンプルで急なカーブがないために、運転しやすく、柱にクルマを擦ってしまうような心配もほとんどありません。

そのため利用者目線に立っても、営業者側に立っても、お互いにメリットが大きいのです。この連続傾斜タイプがおすすめなのは、特定の時間に入出庫が集中することが多い病院やマンション、ホテルや有料駐車場などです。フラットタイプと連続傾床タイプのちょうど中間に、スキップタイプと呼ばれるタイプもあります。こちらは1階ごとにスロープを上がって行くのではなく、半階ごとに左右交互に駐車スペースが設けられているタイプです。

敷地が狭い場合にこのスキップタイプが有効で、一方方向に上がりながら空きスペースを見つけて駐車できるので、空きスペースを探し回るということないのも利用者にとっては魅力的です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です