自動車関連, 自走式立体駐車場,

コンクリートポンプ車とは

橋やトンネル、建物などの建設現場では、コンクリートが使われることが多いですが、コンクリートは工場で水とセメント、砂利や砂などを工場のミキサーで混ぜて、固まっていないコンクリートを建設現場に運ぶ際にコンクリートポンプ車が利用されることもあります。ただ、固まっていない状態のコンクリートを運ぶ際には、工場でミキサー車に固まっていない状態のコンクリートを入れて建設現場まで運ばれることが多く、ミキサー車で建設現場まで運ばれた固まっていない状態のコンクリートをコンクリートポンプ車がポンプで圧力をかけて吸い上げて、ブームで固まっていない状態のコンクリートを建設現場の足場が不安定な場所などに運ぶ際に利用されます。ただ、高所に重いものを運ぶのは危険な作業なので、車体が倒れないようにアウトリガーを使用して作業が行われますので、通常のトラックよりも広いスペースが必要です。また、コンクリートポンプ車には、ブームがついていないタイプもあり、ポンプから配管を直接敷設して、固まっていない状態のコンクリートを圧力をかけて吸い上げるので、通常のトラックほどの作業スペースしかない場所や高さに制限がある場所などに使われることがあります。

建物を建てたり道路を整備する際に、コンクリートは使われることが多いので、住んでいる場所の近くなどで、道路が陥没したりしている場所に行くことで、コンクリートポンプ車が活躍している場面を目にすることができるかもしれません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です