立体駐車場, 自動車関連,

コンクリートポンプ車を利用するときの注意

建設工事現場において、コンクリートの打設をする際にはコンクリートポンプ車を利用することがあります。このコンクリートポンプ車の性能については、工事現場の規模や階数などに応じて適切なものを選定することが重要になります。搬送能力については、あまり過剰なものを選定してしまうと、コストが高くなってしまうことになりますが、性能不測の場合には、現場作業が滞ってしまう可能性もあるので、選定には慎重になることが必要になります。あまり現場経験がないような技術者が、コンクリート打設計画を立てる際には、周りの人や職人の親方などとよく相談をして綿密に打ち合わせを行ったうえでコンクリートポンプ車を選定することが重要になります。

コンクリートポンプ車は借りる際に費用が発生することになるので、借りた時にはできるだけ、効率的に利用することが重要であり、たくさん借りすぎてしまうと、利用していないポンプ車が発生し、現場のスペースを邪魔してしまうことにもなるので注意を要することになります。小さい建物の現場の場合には、コンクリートポンプ車の活用と並行して、ほかの打設方法なども比較検討したうえで、選定をすることが、コストの削減につながっていきます。ポンプ車の利用の際は、ポンプ内に先送りモルタルなどをきちんと流すことが必要であり、そういった処理を行わないで施工をしてしまうと、現場のコンクリートの品質へ悪影響を与えてしまうことになるので注意がいります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です