自動車関連, 自走式立体駐車場,

慌てる原因をなくしコンクリートポンプ車を稼働させる

床材を支える基礎になったり壁面として活用する素材は、コンクリートポンプ車で目的地に流し込みます。素早い作業が肝となるので、従事者の手の早さが成功率を左右してしまいます。稼働中にコンクリートポンプ車の近くで業務を遂行すると、慌てふためく場面が訪れることはしばしばです。幸いにも作業者の身に何かが起こるというわけではありませんが、努力して敷き詰めた素材の形が崩れて同様の業務を再度行わなくてはいけなくなります。

慌てない現場づくりが大切なので、想定できる要素に全て対応できる手法を編み出します。眼球を保護する道具に素材が付着すると、視界が限定的になりコンクリートポンプ車の周囲で足取りがおぼつかなくなりがちです。なるべく早く見やすくするために両手で目の付近を擦るなどしているうちに、歩数が多くなり素材に足が触れる結末を迎えます。対策に効果があるのは、迅速に作業を続行できるように布を常備することです。

単純に感じられても、状況を打破できる道具を所有しているだけで落ち着いた行動が取れます。広い足場を確保することによって、コンクリートポンプ車が動く前後に作業者がふらつく可能性を排除できます。体勢を崩して敷き詰めた素材に足がめり込むと、コンクリートポンプ車を使う作業に二度手間が生じます。工期の変更を余儀なくされるほどの結果につながる事例もあるので、序盤に入念な環境づくりを進めることによって進捗率が計画通りに伸びます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です